News・Blog

国立がん研究センターが今月11日、3年生存率を初めてまとめた。

これによると、2011年に全国のがん診療連携拠点病院でがんと診断された患者の3年後の生存率は、がん全体で71.3%だったとのこと。

 

拠点病院のうち268施設の患者約30万6千人を分析。主要な11種類のがんについて、がん以外の死亡の影響を取り除いた「相対生存率」を算出した。治療成績を評価する指標として同センターはこれまでに5年や10年生存率を発表しているが、3年生存率は短期間で集計できる利点がある。

 

08~09年に診断された患者の5年生存率も公表。全体の生存率は65.8%で、08年単独集計の65.2%と比べるとほぼ横ばいだった。詳しく調べると、患者の約半数を占める70歳以上では、がん以外の死因が多いことが分かった。心臓病や糖尿病などの持病などが原因と推測される。

 

継続的に分析することで、新しい薬や治療の効果を早く把握できるようになり、がん対策に活用できるとしている。

 

また同センターは、施設ごとの患者数などを閲覧できる検索システムを開発。「がん情報サービス」のウェブサイトで公開した。患者の病院選びに役立てるのが目的。

 

 

膵臓がんの3年生存率は15.1%と、5年生存率が低いがんは3年でも低い傾向がある。

また、肺がんが49.4%、食道がんが52.0%、肝臓がんが53.6%と比較的低い結果となった。一方、前立腺がんは99.0%、乳がんは95.2%、子宮体がんは85.5%と比較的高かった。

 

ただし、この指標を見る時に注意点もある。それは、患者の年齢や病態が病院ごとに異なるため、治療成績の比較には安易に使えない。

病院のスタンスにより、手術できる患者だけを執刀するがん拠点的な役割を果たす病院もあれば、逆に地域に根差した病院であれば、治療困難である可能性があるのは十分承知の上で、手術を行ってくれる場合もある。

 

いずれにしても、こう言った客観的なデータを示してもらえることは、様々な人にとって非常に有益な情報であるといえよう。