News・Blog

緊急事態宣言が解除となり、東京アラートも緩和されたことにより、少しずつではあるがコロナ以前の日常が戻りつつある。

その1つにスポーツジムの再開も含まれる。ただ、スポーツジムが再開したといっても、もちろんコロナ以前とは状況が少なからず変わってしまっている。

 

僕が普段行っているジムも、今月久しぶりに行ってみると、筋トレマシーンの配置がだいぶ変わっていた。「密」になることを避けるために、マシーンとマシーンとの間隔が今までよりも広くとられていて、少しマシーンの台数等も減ってしまっていた。

運動しに来ているお客さんも、6月初旬はコロナ以前の頃に比べると1割程度でしかいなかった。今週は2~3割程度まで増えてきた印象だ。

 

緊急事態宣言前にも、すでにスタジオレッスンは中止となっており、お客さんは1~2割程度の状態であった。普段、僕自身は週1回、平日にジムに行っているので、週末に比べると圧倒的に高齢の方が多い。スタジオレッスンも、週末のような激しいエアロビ系のものよりも、かなり軽めのものやヨガ系が多いため、圧倒的に高齢の女性の参加が多い。このため、スタジオレッスン中止に伴って、ここに参加していた女性陣がほぼ全員来館されなくなってしまった。

したがって、筋トレマシーンで黙々と汗をかいているのはほぼすべてが男性陣ばかりであった。コロナの影響に負けじといつも同じメンバーがジムに来ていたので、言葉は交わさないが、お互い今週も元気で生活できているなといった、何となく連帯感みたいなものが感じられていた。

 

もちろん、現在は全員がマスクを着用しての運動を行っているのだが、やはり口周りは暑い。

今までは、35分走ってから筋トレをしていたのだが、これだとマスクが汗で絞れるくらいにビショビショで使い物にならない。絞ればコロナ汁が…(笑えない)。

 

このため、週末に外を走るようにして、スポーツジム内では筋トレを終えてから15分だけ走るようになった。

そういえば、今月、久しぶりに筋トレした時は、無難に普段より-5㎏軽い設定にしたのだが、その後の筋肉痛はかなりヤバいぐらい酷かった。やはり、コンスタントに運動する大切を痛感させられた。

 

 

本当に今までとは異なって、一人一人が色々なことを考えながら行動をしなくてはならない状況が続く。

ただ、毎日必ず通勤するということがなくなりつつある人も増えてきた中、お互いに運動不足にならないように、そしてコロナに巻き込まれないような体力づくりを行うために、かつ、スポーツジム内でクラスター感染とならないように、みんなで細心の注意を払いながら運動を続けていきたいと思う。