News・Blog

コミュニケーションの勉強をしていたところ、「バックトラッキング」という言葉を知った。意味を調べたところ、「オウム返し」と同義とのこと。さらに、backtrackの意味を調べてみると、「同じ道を引き返す」とのこと。

 

しかも、ネットで検索してみると、バックトラッキングには、下記の3つのポイントがあるらしい。

・相手の感情

・話の内容の事実

・話の要約

 

コーチングで学んできた自分にとっては、話しを要約することまで含まれていることは、ちょっと意外であった。

しかも、相手の感情についても、話しの内容の事実についても、返してあげることにより、相手は自分の話がよく理解され、受け入れられていると感じるとのこと。これが結果的に、相手との信頼関係を築くことになっていく、との解説があった。

確かに、オウム返しをするということは、話の内容の事実を返すことである。ただ、そのことで相手の感情、特に「話しをよく聴いてもらっている」という感情が起こりやすくなる。それらすべての事象を、このbacktrackingの意味に含めてしまっているということだそうだ。

 

この様な、今まで自分が学んできたことと少し異なった用語や考え方がある場合に、今までの自分であればただ単に拒絶していたかもしれない。しかしこれからは、できる限り多様性を受け入れて、自分の知識の中の幅を持たせることができるようにしていけたらと思う。