News・Blog

今月2日から、幻冬舎ゴールドオンライン(GGO)というWebサイトに、「医師の働き方改革」関連の連載記事を掲載していただくことになった。

今後、毎週1回のペースで全20回を予定している。

 

僕は全く知らなかったのだが、このGGOは企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営されているサイトだとのこと。

このため、取り上げるジャンルは、企業オーナー・富裕層の関心が高い「相続・事業承継」「不動産」「海外活用」「資産運用」「税金」「生命保険」などだそうだ。実際には、世の中の経済から健康までさらに幅広く様々な内容が紹介されている。

そういった様々な分野の専門家が多数コラムを連載している情報量には、本当に圧倒される。

 

そして、医療関係も、特に医師向けに特設ページが用意されており、ここでも様々な診療科の先生がコラムを書かれている。

 

私も今回、有り難いことにこういった大きなサイトにコラムを書かせていただくことになったのだが、驚いたことに、Yahoo!やsmart newsでも検索することができるとのこと。

正直、半信半疑で昨日、Yahoo! Japanで「佐藤文彦」と検索してみた。

すると、佐藤文彦のニュースと出てきて、それをクリックすると、今回のGGOでのコラムタイトル「「医師の働き方改革」なぜ2年半で5時帰宅が実現できたのか」が本当に一番上に出てきた。

 

しかし、次の瞬間、その次の行を見てみると、「IR疑獄の秋元司衆院議員 3回目逮捕で二階派からも辞職勧告〈週刊朝日〉」というタイトルが出てきた。

もしやと思い、それをクリックしたところ、佐藤文彦容疑者等を通じて、秋元議員が口止め工作を図っていた疑いがもたれているといったような、最近ニュースで報道されている内容の記事が出ていた。

 

何ともシュールなタイミングだなと思わざるを得ない。そして、同姓同名であるからこそ、自分も日頃から気をつけていかなければと、身が引き締まる思いにもなった。

 

今まで、あまり「医師の働き方改革」についてはブログに書くことを控えるようにしていたのだが、今後は徐々に、そして熱くその辺りのことについても触れていければと思う。