News・Blog

成人の運動不足、日本は36%(WHO)

 

9月5日配信の共同通信社の記事によると、

世界保健機関(WHO)は、2016年に世界の成人(18歳以上)の4人に1人に当たる14億人以上が運動不足とみられ、糖尿病や心臓疾患、認知症などにかかるリスクが高いとの研究結果を発表した。運動不足の人の割合は米国40%、日本36%など高所得国で高かった。性別では男性が23%、女性は32%だった。

 

WHO当局者は「長時間労働や交通機関の発達、スマートフォン普及などが人々から運動の機会を奪っている」と指摘、各国政府にインフラ整備など運動不足解消の政策実施を求めた。

 

WHOの研究者グループが168カ国・地域の統計などを用いて分析、英科学誌ランセットにも掲載された。

 

WHOによると、世界の男性の4人に1人、女性の3人に1人が、健康を保つための十分な運動をしていない。また高所得国での運動不足の割合は、低所得国の2倍以上という。

 

WHOは1週間の適切な推奨運動量として、ウオーキングや水泳などの適度な運動なら少なくとも150分、ジョギングやサッカーといった激しい運動だと75分といった基準を設けているが、55カ国で3分の1以上の成人が、この基準に達する運動をしていなかった。

 

Lancetの原文はまだ読んでいないが、以上の記事を読んで、この現状をどの様に打開していけばよいのかと考える。

もちろん働き方改革も必要であろうし、スポーツ庁などと連携し、運動・健康増進に向けての政策・施策も必要であろう。

企業や健保が、整形外科医や糖尿病専門医、運動生理学の専門家などと協議することも、もっと積極的に行ってもよいと思う。

ただ根本的な解決策として、我々自身が運動を楽しもうと思う心の余裕を持てることが、本当は一番重要なのかもしれない。