News・Blog

有り難いことに新幹線に乗る機会が多いのだが、ご存じの方もおられるように、最近、東海道新幹線内の車内放送が変わった。

 

通常の日本語のアナウンスの後に、英語のアナウンスも流れる様になったのだ。しかも、録音されたものではなく、実際に乗車されている車掌さん達が頑張って、毎回英語を喋っておられる。

 

巷では、あの英語はかなりジャパニーズ・イングリッシュだと、上から目線のご意見も確かにある。ただ、英語が大の苦手な私にとっては、本当によく頑張ってられると思う。

 

自分の話す英語を放送で流すということを、今まで経験したことがある車掌さんはどれくらいいるのだろうか? 僕の予想では、かなり少ないのではないかと思う。

ということは、今回のこの車内放送が、英語プレゼンデビューの車掌さんも多いのではないだろうか?

 

初めての英語のプレゼンが新幹線とは、どれくらいの緊張感なのだろう? 僕自身であればと考えると、正直、ぞっとする。しかも、これから毎日毎日のことだと思うと、業務以外のストレスは結構大変だと思う。

 

ただ、こうやって今はお世辞にも上手でないジャパニーズ・イングリッシュでの英語アナウンスを行っているうちに、徐々に徐々に英語が上達していくのではないかとも思う。

もしかしたら、1~2年後には英語がペラペラになっているかもしれない。そうなったらちょっと羨ましい気もする。

 

社員の多くが英語の上達をしていくためには、この様な思い切った策を会社として打ち出していくことも本当は大切なのだと思う。

とにかく、最初は大変だと思いますが、是非、車掌のみなさん頑張って下さい!!